男性エステのヒゲ脱毛

脱毛は女性だけでなく男性にも大きな注目を集めています。男性に人気の脱毛は、ひげ脱毛」といわれているものです。ひげが濃いせいで、年齢よりも老けて見られてしまったり、朝剃ったばかりのひげが夜には生え始めたりなど、濃いひげで悩んでいる男性は非常に多いのです。
毎日ひげを剃るのが面倒で、剃りすぎて跡が青くなってしまって恥ずかしい思いをしている方にもひげ脱毛をお勧めします。
ひげの処理方法は様々な種類がありますが、専用の機械を使ったり、高級なシェイバーを使ったり、理髪店で剃ってもらったりしていては、ひげの処理にかかる費用は莫大なものになってしまいます。さらにいくら処理を行ってもすぐにひげは生え始めてしまうので、どれもあまり効果的な方法とはいえません。

ひげ脱毛を実践する前に、ひげを生えてこないようにする処理方法を見つけ、そのうえで効果的なひげ処理を行うということが重要です。まずは自分が今使っているシェイバーなどのひげ処理商品を一から見直してみたり、新しい商品を試したりなどをして、より効果的な処理を行いましょう。
生えてくるひげを抑える効果がある抑毛剤などもあるので、試してみるのも良いでしょう。それでもひげが生えてくるならばエステ、美容外科で行われているひげ脱毛を試してみることを検討してみましょう。

ひげ脱毛の方法、行っている場所などは様々です。レーザー脱毛でひげ脱毛を行っているところが一般的ですが、肌に色素に反応してひげだけを処理する特殊なレーザーを採用しているところもあり、この方法は皮膚を傷つけることは一切ありません。

肝心の費用ですが、これは脱毛を行っているところによっても違ってきますし、ひげの処理には個人差があるので、人によっても違ってきます。完全に脱毛する場合は費用だけでなく時間もかかります。
費用と同じく時間も人によって違うもので、最も長い期間で2年ほど時間がかかる場合もあります。これは脱毛のペースによっても変わってきますが、1ヶ月~2ヶ月に1回のペースで受けることが一般的です。

ひげ脱毛には痛みが伴うものと思っている方も多いのですが、レーザー脱毛で行う場合はそこまで痛みは感じず、繰り返すうちに慣れてくるものなので安全に脱毛を受けることが出来ます。
肌が弱い方は肌が赤くなってしまったり、腫れてくる場合もあるようですが、慣れてくると痛みは感じずに腫れもひいてくるようです。ですが、いくら痛みを感じないからといってプールや温泉に入ったりなどの行為はやめておきましょう。

男性にも人気の脱毛エステ

女性にとって脇や足のムダ毛はかなり厄介者。この毛のおかげで着たい服も着れなくなる、こんな悩みから脱毛エステを利用する人が多いです。

しかしこの脱毛エステを利用するのは女性だけなのでしょうか。実はそんなことはないのです。一昔前までは男性がエステを利用するなんて、あまり聞いたことがなかったのですが、現在では男性も美容に高い関心を持ってきています。

そのため男性専用のエステサロンまでも作られているほどなのです。では男性たちはいったいどんな目的で脱毛エステを利用するのでしょうか。

多くの場合、男性が脱毛エステを利用する理由はヒゲです。ヒゲが濃い方ですと、ヒゲを剃った直後でも生えてるように見えてしまいます。せっかくヒゲを剃ったからには、ヒゲ跡が残ってほしくない、そんな希望から脱毛エステを受けるのです。

またその他にも例えば胸毛など、毛深い体質を持った男性たちも脱毛エステを受けます。確かに美容に関心を持つ若い男性から特に支持を受けていますが、その人気は年々増加の傾向にあるようです。

この男性用の脱毛エステも女性の場合と同じです。サロンによって利用する機械などに違いがあるようですが、普通数回の施術によりキレイな肌を手に入れることができます。

脱毛エステはサロンへ訪れるだけでも美を追求するという意識が強まるのでしょうか。こういった男性たちも、単なる脱毛という理由だけでなく、日ごろの疲れを癒すかのように、リラックスしてサロンを後にします。こういった点も脱毛エステならではのメリットですね。

知っておきたい脱毛エステ用語

脱毛エステといえばやはり需要が多いのは脇のムダ毛処理ではないでしょうか。しかし全身のムダ毛を処理することができるのが脱毛エステです。ではそこで、知っておくと便利な脱毛エステ用語を見てみましょう。

脱毛エステで人気がある体の部位の中にデリケートゾーンというものがあります。そしてこのデリケートゾーンも、Vライン、Iライン、Oゾーンというふうに分類されます。

Vラインとはいわゆるビキニラインのことです。夏場ビキニを着用するのに一番ムダ毛が気になってしまう部位ではないでしょうか。そしてIラインは、脚の付け根から性器にかけてのライン、つまりVラインのもっと下のほうになりますね。またOゾーンは、肛門の周辺を指しています。

これらの3つの部位に関して共通して言えることは、まずサロンで他人に見せるのは恥ずかしいということがあげられます。ですから、みなさん結構家で処理しがちな部分です。しかしデリケートゾーンは名の通り、体の中でもとっても敏感な部分なのです。

自己処理によって、炎症を起こしたり、感染したりといったことがよくあります。そうすると結局クリニックに行って治療、つまりもっと恥ずかしい思いをすることになるかもしれません。利用者の声を聞くと、恥ずかしいのは初めのうちだけというものが多いようです。自分で、と考えずにぜひ脱毛エステにまかせてください。

またこのデリケートゾーンの毛は一般的に太くしっかりしたものが多いのです。だからこそ誤った方法で抜いたり、剃ったりしてしまうと、先ほども申しましたようなトラブルを起こす可能性が大きくなるのです。

デリケートゾーンの脱毛エステは、見た目をよくするためだけでなく、衛生面でも非常に効果が高いものです。一度、ご検討されることをお奨めします。

脱毛エステを受ける際の注意

今や脱毛エステを受けることもそれほど珍しくない時代となってきました。しかしそんな私たちの身近にある脱毛エステでも、気をつけるべきことがあります。それは利用者のほとんどを占める女性に関わることです。

まずは、よくある生理によるトラブルです。脱毛エステは普通予約して行うものですが、この生理期間と予約日が重なってしまうことも、少なくありません。

ではこういった場合にはどうしたらよいのでしょうか。やはりキャンセルすることが一番無難であると思われます。それは生理中はどうしてもホルモンのバランスが乱れ、お肌が敏感になってしまう期間でもあるからです。脱毛エステは、全くお肌に負担がかからないとは言い切れませんから、避けるべきでしょう。

腕や脇のムダ毛処理となると、生理中でも脱毛エステを受ける人がいます。しかしビキニラインの場合は、サロンのほうから断られることもありますから注意しましょう。良心的なサロンであれば、生理によりできなかった部分だけを、後日処理してくれるところがあります。こういった良心的なサロンを選ぶこともひとつだと思いますよ。

そしてよくある質問が妊娠中の脱毛エステです。生理中にあまり、おすすめされないのであるとしたら、妊娠中は当然のことですよね。光などの脱毛のための機械が、母体や赤ちゃんに悪影響を与えるというわけではないのです。

それよりも脱毛中の痛みが精神的に、また肉体的にも悪影響を与えるからなのです。ですから妊娠中の脱毛エステが非常に危険!というわけではないのですが、安全の為にも避けておいたほうが良いでしょう。

脱毛エステの施術種類

現在大人気の脱毛エステ。これにも種類があることをご存知でしょうか。脱毛エステ施術前のカウンセリングでも説明を受けると思いますが、その前に基本的知識を持っていくと、より安心して脱毛エステを受けることができると思います。

脱毛エステは大きく2つに分けることができます。
もちろんこれら以外にも方法はありますから、先ほども述べたように、しっかりカウンセリングで説明を受けてください。

まずは光脱毛と呼ばれるものです。これはよく聞かれるレーザー治療と仕組みは同じものです。レーザー治療との違いといえば、光脱毛はメラニン色素のみに反応するということでしょうか。

毛の色が黒いのはメラニン色素によるものです。そのため周囲の皮膚に負担をかけることなく脱毛できてしまうすぐれものなのです。しかしレーザー治療に比べてまだ歴史が浅い施術法なため、サロンによって方法も異なり、その効果も違ってきますから、サロン選びがかなり重要になります。

そしてもうひとつは電気脱毛と呼ばれるものです。サロンによってはニードル脱毛と言われているかもしれません。これは金属針をひとつひとつの毛穴にさし、それに電気を流し、毛根だけを破壊するというのが仕組みです。

痛みがあまりないというメリットがある反面、時間がかかるというデメリットがあります。しかしこれでしたら、5~6回の施術で永久脱毛も可能と言われています。

このように大きく2つの種類の脱毛エステがあるのですが、どこを脱毛したいのか、といったことなどによって使いわけることも可能です。詳しくは納得のいくまで、質問することだと思います。自分の目的に合った方法でやれるように、カウンセリングでよく相談をしましょう。