ヘルペスが出来ていたら脱毛は可能なの?

女性の体は、とてもデリケートに出来ています。デリケートゾーンが、ヘルペスやカンジダなどの病気になってしまう事があります。原因は、性交渉が原因の事もありますが、それだけではありません。体の調子が悪く、免疫力が落ちている時にもかかりやすい病気です。ヘルペスは、デリケートゾーンやお尻に水泡が出来ます。痛みがあり、排せつも痛みの為困難になる事が多いです。

カンジダは、デリケートゾーンに、ポロポロとしたおりものがでます。痒みが出る場合もあります。性器ヘルペスやカンジダにかかってしまうと、治っても再発を繰り返す場合があります。治療が長引いて痒みなどで悩んでいる人もいるでしょう。この様な症状がある人は早めに病院へ行き治療しなければなりません。

また、この様な症状がある場合は口コミで人気のoライン脱毛などデリケートゾーンの脱毛施術する事は出来ません。脱毛サロンなどでは、性病の確認はない事が多いです。しかし、薬を服用しているかの確認はあります。薬を服用している場合は、肌に炎症が起きやすいので施術を行って貰えません。ヘルペスやカンジダの症状の時に、脱毛を行うと、他のお客さんへ、感染のリスクが出てしまいます。

もちろんサロンやクリニックでは衛生状態に気を付け、消毒を徹底していますが、リスクはない方が安心です。また、薬を服用している時は、肌が熱に敏感になっています。軽い火傷の様な状態になってしまう事がありますので、脱毛の予約をしている時は、キャンセルをしましょう。病気をきちんと治して、健康な時に施術を受けましょう。