知っておきたい脱毛エステ用語

脱毛エステといえばやはり需要が多いのは脇のムダ毛処理ではないでしょうか。しかし全身のムダ毛を処理することができるのが脱毛エステです。ではそこで、知っておくと便利な脱毛エステ用語を見てみましょう。

脱毛エステで人気がある体の部位の中にデリケートゾーンというものがあります。そしてこのデリケートゾーンも、Vライン、Iライン、Oゾーンというふうに分類されます。

Vラインとはいわゆるビキニラインのことです。夏場ビキニを着用するのに一番ムダ毛が気になってしまう部位ではないでしょうか。そしてIラインは、脚の付け根から性器にかけてのライン、つまりVラインのもっと下のほうになりますね。またOゾーンは、肛門の周辺を指しています。

これらの3つの部位に関して共通して言えることは、まずサロンで他人に見せるのは恥ずかしいということがあげられます。ですから、みなさん結構家で処理しがちな部分です。しかしデリケートゾーンは名の通り、体の中でもとっても敏感な部分なのです。

自己処理によって、炎症を起こしたり、感染したりといったことがよくあります。そうすると結局クリニックに行って治療、つまりもっと恥ずかしい思いをすることになるかもしれません。利用者の声を聞くと、恥ずかしいのは初めのうちだけというものが多いようです。自分で、と考えずにぜひ脱毛エステにまかせてください。

またこのデリケートゾーンの毛は一般的に太くしっかりしたものが多いのです。だからこそ誤った方法で抜いたり、剃ったりしてしまうと、先ほども申しましたようなトラブルを起こす可能性が大きくなるのです。

デリケートゾーンの脱毛エステは、見た目をよくするためだけでなく、衛生面でも非常に効果が高いものです。一度、ご検討されることをお奨めします。

脱毛エステを受ける際の注意

今や脱毛エステを受けることもそれほど珍しくない時代となってきました。しかしそんな私たちの身近にある脱毛エステでも、気をつけるべきことがあります。それは利用者のほとんどを占める女性に関わることです。

まずは、よくある生理によるトラブルです。脱毛エステは普通予約して行うものですが、この生理期間と予約日が重なってしまうことも、少なくありません。

ではこういった場合にはどうしたらよいのでしょうか。やはりキャンセルすることが一番無難であると思われます。それは生理中はどうしてもホルモンのバランスが乱れ、お肌が敏感になってしまう期間でもあるからです。脱毛エステは、全くお肌に負担がかからないとは言い切れませんから、避けるべきでしょう。

腕や脇のムダ毛処理となると、生理中でも脱毛エステを受ける人がいます。しかしビキニラインの場合は、サロンのほうから断られることもありますから注意しましょう。良心的なサロンであれば、生理によりできなかった部分だけを、後日処理してくれるところがあります。こういった良心的なサロンを選ぶこともひとつだと思いますよ。

そしてよくある質問が妊娠中の脱毛エステです。生理中にあまり、おすすめされないのであるとしたら、妊娠中は当然のことですよね。光などの脱毛のための機械が、母体や赤ちゃんに悪影響を与えるというわけではないのです。

それよりも脱毛中の痛みが精神的に、また肉体的にも悪影響を与えるからなのです。ですから妊娠中の脱毛エステが非常に危険!というわけではないのですが、安全の為にも避けておいたほうが良いでしょう。

脱毛エステの施術種類

現在大人気の脱毛エステ。これにも種類があることをご存知でしょうか。脱毛エステ施術前のカウンセリングでも説明を受けると思いますが、その前に基本的知識を持っていくと、より安心して脱毛エステを受けることができると思います。

脱毛エステは大きく2つに分けることができます。
もちろんこれら以外にも方法はありますから、先ほども述べたように、しっかりカウンセリングで説明を受けてください。

まずは光脱毛と呼ばれるものです。これはよく聞かれるレーザー治療と仕組みは同じものです。レーザー治療との違いといえば、光脱毛はメラニン色素のみに反応するということでしょうか。

毛の色が黒いのはメラニン色素によるものです。そのため周囲の皮膚に負担をかけることなく脱毛できてしまうすぐれものなのです。しかしレーザー治療に比べてまだ歴史が浅い施術法なため、サロンによって方法も異なり、その効果も違ってきますから、サロン選びがかなり重要になります。

そしてもうひとつは電気脱毛と呼ばれるものです。サロンによってはニードル脱毛と言われているかもしれません。これは金属針をひとつひとつの毛穴にさし、それに電気を流し、毛根だけを破壊するというのが仕組みです。

痛みがあまりないというメリットがある反面、時間がかかるというデメリットがあります。しかしこれでしたら、5~6回の施術で永久脱毛も可能と言われています。

このように大きく2つの種類の脱毛エステがあるのですが、どこを脱毛したいのか、といったことなどによって使いわけることも可能です。詳しくは納得のいくまで、質問することだと思います。自分の目的に合った方法でやれるように、カウンセリングでよく相談をしましょう。

脱毛エステサロン選びのコツ

脱毛エステを受けるからには、もちろんの誰もがその効果を期待しています。やはり、それには脱毛エステサロン選びがとても大切になってきます。現在全国各地にエステサロンが見られますが、残念なことにどれもがいいサロンであるとは限りません。ぜひあなたにぴったりのサロンを選び、美肌を手にしてください。

脱毛というとほとんどのエステサロンで受けることができるものですが、例えば弁護士を選ぶとき、その分野に精通した弁護士を選ぶのと同じく、エステサロンも脱毛を大きく宣伝するところを選ぶと安心感も大きくなりますね。

また単に脱毛といっても、脱毛エステは普段目にしない機械を利用します。ですから、不安になったり、疑問がわいてきたりすることでしょう。こういった経験は誰にでもあることですが、ここで大切なのは不安や疑問は解消した上で脱毛エステが受けられるということです。

きちんとしたサロンでは施術前と後に必ずカウンセリングを行います。これを最大限に利用するとよいでしょう。料金のことや、施術方法などについて納得するまで詳しく聞くことができます。

逆にこのカウンセリングが曖昧であったり、存在しないとなれば、そういったサロンは避けたほうがいいでしょう。100%サロン任せにしてしまっては、あとでトラブルの元となります。私たちも責任を持って脱毛エステに挑みたいものです。

このように現在エステサロンが増加傾向にある中、どれもが信頼できるところではありません。ですから、あなたのお肌を守るためにも、サロン選びは慎重に行うようにしましょう。

脱毛エステのアフターケア

脱毛エステを受けると、腕や脚がつるつるお肌になれます。そんなお肌を実感するとなんだかうれしくなりますね。しかし、そこにも大きな落とし穴がありますから、気をつけましょう。うかれてそのままお肌を放っておいたら大きな肌のトラブルを招いてしまうことだってあるのです。つまり脱毛エステ後のアフターケアがとても重要なのです。

脱毛後のお肌のお手入れ基本は、保湿です。そうでなくてもお肌の保湿を日ごろから気をつけることはとてもいいことです。ですから、この機会にお肌にいつも潤いを与えることができたらいいですね。

では、どうして脱毛エステに保湿は欠かせないのでしょうか。脱毛エステでは普通光を当てた方法がとられます。そこで熱がこもったお肌は、乾燥しやすくなっているのです。また脱毛後保湿を心がけると、次回の脱毛の準備をすることもできます。肌が潤っていると脱毛時の痛みもぐんと小さいですから、大切なポイントです。

さらにエステサロンでは、脱毛後冷却効果のあるパックをしてくれたりすることがあります。しかし熱があるからといってどんな冷却方法も利用するというのは厳禁です。

よくメンソールなどが含まれたボディーローションを見かけますね。スースーする感じが、夏場の暑いときにはとても心地よいものです。ですが脱毛エステを受けた後は、こういったものを利用してはいけません。お肌がかなり敏感になっていますから、刺激の強いものは避けるべきでしょう。

このように脱毛後はうれしくなって忘れがちなアフターケアですが、このアフターケアこそが美しいお肌を手に入れるためには必要不可欠なので、怠らないように注意してください。